過去の展覧会

城野 征悦  

【 Photograph Works 】


2011年10月3日(月)〜

2011年10月31日(月)


 

城野 征悦  駿東郡清水町在住


1942 北海道根室市生まれ 

1975 独学で写真を始める

1986 写真家 児島昭雄氏に師事

1994 第4回林忠彦賞 最終ノミネート

1997 第7回林忠彦賞 最終ノミネート

2002 JPS2002展 銅賞

2003 毎日写真コンテスト 文部科学大臣奨励賞

2006 JPS2006展入選


個展

1994 「呼吸する街(隅田川’90 ― ’94)」クラブ25

1997 「私景・東京湾岸」コニカプラザ

1998 「私景・東京湾岸」コニカプラザ札幌

2000 「東京港伝」コニカプラザ

2004 「途上の街」アイデムフォトギャラリー

2006 「故郷彷徨」コニカミノルタプラザ

     「故郷彷徨」根室市総合文化会館


グループ展

2008〜2011 「今、そこに注ぐ視線」アイデムフォトギャラリー


写真集など

1994 「呼吸する街( 隅田川’90 ― ’94)」 自費出版 

2011 「故郷彷徨」根室市に寄贈(根室市総合文化会館)

このたび、「写真」を通して偶然この地で知り合うことになった、地元三島を拠点に活躍の岡部稔氏の後押しで、このような形で発表することになりました。

今回展示する写真は「SEQUENCES」「視線」の二作品群(全紙22点)、既に昨年、今年と二度に渡って東京で発表したものです。

私はこれまで長い東京暮らしの中で、街を歩き、内心に響いた光景にレンズを向け、都心に暮らす人々をスナップし、内に棲む自己のありようを探りながら多くの写真を撮り、発表してきました。様々な〈写真行為〉を通して、終わりのない《自分探し》をずっと続けてきたのかもしれません。

この地に定住することになって四年余り…、東京でいつの間にか身に付いた写真の流儀でこの三島界隈を撮り歩き、今も続いています。

これも、いつか機会があれば発表してみたいと思っています。                                      城野 征悦

常設展 

【 栗原 稔雄 展 】


 

栗原稔雄 略歴


大正8年6月15日生まれ(医師)     

昭和20年 慈恵医大卒

昭和26年 三島市田町(現在は田町カフェ)に医院開業

以来50余年医業に従事する傍ら独学で趣味の絵を描き続け

平成14年11月18日享年83才で他界。

2011年

 

2012年の展覧会tian_tingkafeno_guo_quno_zhan_lan_hui2012.html
2013年の展覧会tian_tingkafeno_guo_quno_zhan_lan_hui2013.html
2014年の展覧会tian_tingkafeno_guo_quno_zhan_lan_hui2013.htmltian_tingkafeno_guo_quno_zhan_lan_hui2014.htmlshapeimage_3_link_0